アシスタントにしっかり伝えられる!縮毛矯正のアイロンの指導方、実践編2 時短アイロン編


こんにちは!!

「自立型美容師育成のパーソナルトレーナー」の山口です!!

お気軽に「ぐっさん」って呼んでいただければ幸いです!!

とは言っても、現役バリバリ!!江戸川区で一番「縮毛矯正」をしている美容師です!!

DEAR-LOGUE 瑞江店 店長 しております!!


縮毛矯正って結構シビアな技術なので、ちょっとしたことで仕上がりが変わってきてしまうんです。。。

同じ様にやっても微妙な変化が出てしまうので、最新の注意を払わないと無駄にダメージさせてしまったり、

逆にまとまりが悪くなってしまったり、

パキパキにまっすぐになってしまうとお客様も悲しくなってしまいますね。

難しい技術なので、逆を言えば縮毛矯正のレベルが高ければお店のレベルも高くなるし、お店の信頼感も上がります!!

お店のレベルアップのためにもしっかりしたマニュアルで技術力アップをしていきましょう!

昨日までのおさらい

アシスタントにしっかり伝えられる!縮毛矯正のアイロンの指導方、基礎編
こんにちは!!「自立型美容師育成のパーソナルトレーナー」の山口です!!お気軽に「ぐっさん」って呼んでいただければ幸いです!!とは言っても、現役バリバリ!!江戸川区で一番「縮毛矯正」をしている美容師です!!DEAR-LOG
アシスタントにしっかり伝えられる!縮毛矯正のアイロンの指導方、実践編
こんにちは!!「自立型美容師育成のパーソナルトレーナー」の山口です!!お気軽に「ぐっさん」って呼んでいただければ幸いです!!とは言っても、現役バリバリ!!江戸川区で一番「縮毛矯正」をしている美容師です!!DEAR-LOG

まだまだ続きます!

・スライス、ブロッキングの取り方。

・アイロンの持ち方、

・コームダッカールの持ち方、使い方

・オンベースと、毛の落ちる位置

・左手の使い方、

・頭の丸みに合わせたアイロンの角度、

・プレス圧、テンション

スライスとブロッキングまででしたね!

では、アイロンの持ち方から

とりあえず利き手で持ちましょう!

持つ位置はあまりプレート側になってしまうとプレス圧がかかってしまいがちになるので真ん中ぐらいを持つと適度な強さで髪の毛を挟めます!

強く握りすぎないように注意しましょう!!

コーム、ダッカールの持ち方、使い方

リングコームを左手に、ダッカールとアイロンを右手に持ちます。

先の細いダッカールだとスライスを綺麗にとれるのでおすすめです!

では、画像で解説していきます!!


1、左手にコーム、右手にダッカールとアイロンを持つ


2、左手で毛束をもち、


3、ダッカールでスライスを取る。


4、そのまま左手で分けとった毛束をキャッチ


5、とった毛束を右手に渡しつつ・・・、


6、左手で上の毛束をねじりつつ右手に持っているダッカールで留める


7、コームで毛束をとかす



8、右手、左手の指でテンションをかけたら


9、根元からアイロン

そうすることで、またスライスを取り直す必要がないので、大幅に時間短縮できます!

アイロンももちっぱなしなので、そこも時間短縮になります!!

自信が無いときはシングルピンで最初に全部スライスを取っておくのもおすすめです!!
(もしかしたらそっちの方が早いかも・・・。)

 

これで、10分は縮まります!!

慣れないのは最初だけ!

最初はアイロンしないで、スライスを取る練習だけから始めると、より上達は早まりますよ!!

アイロンを綺麗にするために下準備もとっても大切です!!

次はオンベースと毛の落ちる位置についてのお話です!!

そんなんで、今日はここまで!! またお会いしましょう(*´∇`)ノシ 

瑞江で一番笑顔が溢れる美容室、『DEAR-LOGUE』

あなたもぜひ、遊びに来て下さいね!!


The following two tabs change content below.
山口 哲朗
ひとりひとりの魅力を最大限に引き出す「似合わせカット」、「自然に仕上がる縮毛矯正」に定評があり、 たくさんのお客様のお悩みを解決中。 最近では得意の毛髪知識を生かし、オリジナルのシャンプー、トリートメント剤やパーマ液の開発にも参加。 美容師という仕事を通じて、 DEAR-LOGUEに携わるすべての方々との絆を深め、 DEAR-LOGUEがあなたにとってのパワースポットのような場所になれるように日々精進しております。 その傍ら、 美容師という観点から美容室においても、とても重要である「教育」「人財育成」についても研究中。
タグ
良く読まれている記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA