縮毛矯正で、がっつり丸みをつける、Cueでしてみました。

こんにちは、瑞江で、1番 縮毛矯正をしている美容師の山口です。

ここ何ヶ月は、本当に多かった気がします・・・・。

でも、その甲斐あって、今まで以上に、縮毛矯正のパターンも増えてきました、

・とにかくアイロンで引っ張りまくって、まっすぐにしていた時代、

・アルカリメインで、アイロンは最小限にしていた時代、

・アイロン技法に頼っていた時代、

・やっぱり薬剤に凝りだした時代、

・またもや、アイロン技法に凝りだした時代、

・水分量がすべてだと思っていた時代、

 
結果、結構全部大事なんじゃん!!って、気がついた、今・・・。

それぞれのデメリットは捨てながら、いい部分だけをミックスさせていきます!!

そこらへんから変わりました。。。

そんなんで、今日のブログ!!!

今日のお客様は、縮毛矯正、なんと!初の体験!!

昔からしてみたかたかったけど、

まっすぐになりすぎちゃったり、

不自然なストレートはいやだし、

ペタッとなるのも好きではない・・・。

「本当に、自然な感じになるんですか????」

安心してください!!

自然に柔らかくまとまりますから!!

では、今日も施術に入ります!!

今日も、縮毛矯正にエッセンスを加えて、

いかに自然にしなやかに、柔らかく、まとまりのある髪の毛にいたします。

薬剤はCueにハード系のチオを、20%ほど、

根元を中心に塗って、時間差で、毛先にも働きかけて、

トリートメント処理しながら、アイロン操作に入ります、

今回は、カラーもしたばっかりの状態なので、ラディアントアイロン180度で、

くるりと丸みをつけていきます。

で、仕上がりです!!

あえてブローなしで、乾かしただけの状態・・・。

IMG_1259 IMG_1260 IMG_1262

僕自身、こんなにしっかり曲がったのは矯正だけでは、初めてかも!?!?!?
(さすがにちょっとびっくりしました!!)

で、これだけ丸みを出すのに必要なのって、薬の選定や、アイロン操作、

水分と油分のバランスがとっても大事なのですが・・・。

実は、カットが一番大切だったりします。

カットありきの縮毛矯正しかり、パーマやカラー全般なんです。

今まで、10年以上培ってきた技術をベースに、

僕がここ3年くらいずっと一緒にさせていただいた講習、中村塾・カット解体新書

「Sessa 中村さんのカット講習」で勉強したカット技法を生かし、

Cueの製作で、かなりお世話になりまくった、Sky apa渡邉さんプロデュースのもと、うまれた薬で、矯正をすれば、(アイロンの仕方にもこだわって)

可能性はまだまだあるんだなって、

だから美容師はやめられない、

嫌なこともそりゃぁあるけど、

 
 
お客様に認めていただいた時、喜んでくださった時に、

「努力が報われたかも、頑張ってよかったな。」

そんな風に思います。

大事なのは、お客様の髪を綺麗にするのはもちろんですが、

・なんで綺麗になりたいのか?

・なんで美容室にご来店されたのか?

・綺麗な髪になって何がしたいのか?

・どうしてカット(カラー、パーマ、縮毛矯正)をしたいのか??

そんなお客様の本当の気持ちを、もっと叶えられるような、気持ちをくめるような関係性を築いていければと思います。

それをちゃんと叶えられるために、まだまだ精進しないとですね〜!

そんなんで、今日はここまでニコニコ またお会いしましょう〜バイバイ

瑞江で1番、笑顔が溢れる美容室 DEAR-LOGUE
あなたもぜひ一度、遊びにいらしてくださいね〜!
2016.4月 スタッフ集合写真撮影!_9134 - コピー
あなたのクリックが世界を救う!?
DEAR-LOGUEスタッフをクリックするとボクたちが
益々元気になります!! (注)変なサイトにはいきません・・・。

kokoimages

友だち追加数

 

 
 
 
           


The following two tabs change content below.
山口 哲朗
ひとりひとりの魅力を最大限に引き出す「似合わせカット」、「自然に仕上がる縮毛矯正」に定評があり、 たくさんのお客様のお悩みを解決中。 最近では得意の毛髪知識を生かし、オリジナルのシャンプー、トリートメント剤やパーマ液の開発にも参加。 美容師という仕事を通じて、 DEAR-LOGUEに携わるすべての方々との絆を深め、 DEAR-LOGUEがあなたにとってのパワースポットのような場所になれるように日々精進しております。 その傍ら、 美容師という観点から美容室においても、とても重要である「教育」「人財育成」についても研究中。
タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA