Cueを使って縮毛矯正レシピを考える3つの方法。

ここ最近、デジタルパーマ&縮毛矯正ネタばかりですが、

まだまだ梅雨が明けない、こんな時期なので、そこらへん、まだ重視していきます。

そんなんで、今日のブログ!


万能のパーマ剤「Cue」を使って、効果的に縮毛矯正をする方法。

万能のパーマ剤「Cue」の使い方!!

最近、こんな記事を書いてました!!

で、Cueを使って、効果的に縮毛矯正レシピをつくるにあたり、重要なことが3つほど、

ではでは、まず、1個目から、

1、ミックスの基準を作る。

そのために、まず、一番強い矯正剤と「Cue」を用意します、

Cue:一番強い薬剤 = 何%ずつ??

イメージしてみましょう!!

「Cue」:「一番強い矯正剤」

10:0 = 100%:0%

9:1 = 90%:10%

5:1 = 84%:16%

4:1 = 80%:20%

3:1 = 75%:25%

2:1 = 66%:33%

1:1 = 50%:50%

1:2 = 33%:67%

1:3 = 25%:75%

1:4 = 20%:80%

1:5 = 16%:84%

1:9 = 10%:90%

0:10 =0%:100%

ミックスした薬剤の中に、Cueと強い薬剤が 何:何 で、何パーセントくらい入っているのか、イメージしておきます!!

続きまして、その2、

自分の物差しを作る。

大体の髪質の矯正と、大体のメーカーから出ている矯正剤であれば、まず、2:1くらいを基準に考えてみましょう!!

カラーをしていたり、細い髪であれば、3:1〜5:1

太い、硬い毛などであれば、1:1〜1:3 など、

自分の中に、1個軸を決めて、プラスマイナスしていく、

すごいダメージやすでに矯正している所であれば、Cue単品10:0

のこともあるでしょうし、すごい剛毛で、ダメージがなければ、0:10

なんかも考えられますよね!!

自分なりの基準を持って様々な髪質に対応しましょう!!

そしてその3、

一定にする部分を決めておく、

もちろん、お客様の髪の毛は100人いれば、100通り、

色々な髪質のお客様に、合わせて、微妙に技術を変えていくのが、プロの美容師、

細かいテクニックで、素敵なスタイルを作っていくのですが、

縮毛矯正や、デジタルパーマって、どこで失敗したのかがわかりにくいんですよね、

・薬の配合がいけなかったのか?

・時間がいけなかったのか?

・乾燥具合?

・アイロンの温度?速度?回数???

何が原因でうまくいかなかったのかが、見えづらいもの、

なので、

例えば、

・放置時間は「何分」

・アイロンの温度はこのくらいの範囲で、

・ドライやアイロン前につける処理剤なんかは統一しておく

工程をなるべく統一する、

など、ある程度は均一にしておく。

そうすることで、薬の調節がききますし、そこで、自分の物差しが一つできるわけなんです!

で、あれば、新しい、技法なんかが出てきても、いくらでも対応することができますからね!!

あとは、いきなりお客様で試さない!!
ウィッグやスタッフ、仲の良いお友達で、実験してみましょう!

質問、疑問はお気軽にどうぞ!!

そんなんで、今日はここまでニコニコ またお会いしましょう〜バイバイ

瑞江で1番、笑顔が溢れる美容室 DEAR-LOGUE
あなたもぜひ一度、遊びにいらしてくださいね〜!
2016.4月 スタッフ集合写真撮影!_9134 - コピー
あなたのクリックが世界を救う!?
DEAR-LOGUEスタッフをクリックするとボクたちが
益々元気になります!! (注)変なサイトにはいきません・・・。

kokoimages

友だち追加数

 

 
 
 
           


The following two tabs change content below.
山口 哲朗
ひとりひとりの魅力を最大限に引き出す「似合わせカット」、「自然に仕上がる縮毛矯正」に定評があり、 たくさんのお客様のお悩みを解決中。 最近では得意の毛髪知識を生かし、オリジナルのシャンプー、トリートメント剤やパーマ液の開発にも参加。 美容師という仕事を通じて、 DEAR-LOGUEに携わるすべての方々との絆を深め、 DEAR-LOGUEがあなたにとってのパワースポットのような場所になれるように日々精進しております。 その傍ら、 美容師という観点から美容室においても、とても重要である「教育」「人財育成」についても研究中。
タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA